お墓100年プロジェクト

お墓100年プロジェクト実行委員会によるブログ (お墓参り写真コンテスト フォトコン2017に応募しよう!)

「信じる力2」

おはようございます。 大阪の北條です。

春になり、一気に新緑の香りがしてきましたね。
先日 お客さまと一緒に、奈良の室生寺に、行ってきました。

このお寺は奈良時代の終わりに草創され、素晴らしい仏像たちがおられる地で
なんども行っても、魅せられます。

今回お客さまと一緒に見てきたのが、
この五輪塔(重要文化財)
mu-100

7百年以上も経っているのですが、このオーラのような空気感と『存在感』。
この美しさにはいつも魅入られます。
お客さまも実際のものを目にし、心を揺さぶられているようでした。


国宝の金堂は、ゆったりとした時間の中に存在するかのようです。
mu-110

また天から舞い下りてきたかのような五重塔(国宝)。
mu-120

甘み処のよもぎの回転焼きも食べ、心身ともに深い呼吸が出来、とても善い時間でした。


それでは前回に引きつづき、北魏時代(西暦400年頃~)の石仏彫刻のお話しです。

今回は、正面の彫刻に挑戦です。
つくるのに参考にしたのが、
北魏石造仏教美術展や北魏の石仏の本・当時の石仏写真です。
mu140 mu-150 mu-160 mu-170

前回のお話のとおり当時の石仏は、印の形などにこだわらず、
自由で優しいのが特徴です。
素朴で愛らしさがあり、大らかで、とても庶民の信仰が深かったのが感じられます。

まずカーテン部が上部にあり、篭の中には如来さまのお姿。
この蓮華文様は、北周時代(西暦550年頃)のものでつくりました。
hoku-1

最下部には香を焚き、祈りをあげる庶民の姿。

hoku-003


この時代の石仏のお顔立ちは、素朴であったかい表情が多いんです。

手間暇をかけて手彫りすると、ゆったりとした線しか出ませんが、

『必ず宿るもの』があります。

機械を使えば、効率よく速くシャープな線の仕事が出来ますが、

『必ず失うもの』があります。

手間をかけることって、人を思いやる気持ちだと想うんです。

当時の方々は、宿すことを前提につくっていたんじゃないでしょうか。


hoku-04 hoku-05

信仰って、人のこころの奥深いところにあって、
あったかかったり、悲しかったり、ちょっと恥かしかったり、
ぼんやりとしていてハッキリと見えないけど、「素朴で大切な宝物」だと思うんです。

中には「無宗教だから、信じない。信仰心なんて無い」って、言われる方もおられますが、
みんな心の中で、自分なりのたとえば神や仏のようなものが居るように想います。
それもきっと、自分なりの宗教や信仰だと思います。

今回もつくってて想うんです。
石造仏をつくることは、もちろん死者や施主さまのためなんですが、
それ以上に
この世界の幸せを本気で祈ってつくっていたんじゃないかって。

そんな大きな想いが込められているように感じます。

hoku-06
       (正面の彫刻の完成写真)

hoku-012
       (裏面の彫刻の完成写真)



写真コンテストのご応募は、こちら(*^_^*))


どうぞ奮って、ご応募ください。


スポンサーサイト

どうも、山形の三浦です。

山形もようやく、ちらほらと桜が咲き始め
春を感じる今日この頃です。

満開まではもう少しかかりそうですが、
ここのお寺さんの桜はほぼ満開でした(^^)
sakura_20170415093354d36.jpg

さて、今回は2月に東京に行った際に
立ち寄った帝釈天です。
寅さんの映画で映っていた帝釈天。
帝釈天

田舎者の私は、まだ行ったことがなかったので
初めて実物を見れて感激でした。

帝釈天2

さらに、私は知らなかったのですが、
帝釈天のお堂の回りにある
法華経説話彫刻が素晴らしかった。

帝釈天4
帝釈天3

細かな彫刻はもちろん、一つ一つが丁寧に彫刻されているのを感じ、
しばらく立ち止まって眺めてしまいました。

帝釈天5

帝釈天6

多宝塔が彫刻されているものもありました。

帝釈天7


テレビの画面で見てたものを実際に見る感動。
新しい発見やそこの雰囲気やにおいなどを直に感じることで、
山形の冬で冬眠してしまっていた脳が
目覚めるのを感じました(^^)


さて、お墓参り写真コンテストの募集絶賛受付中です!!

詳細はこちらから↓

フォトコン応募

おまけ。
帝釈天8
帝釈天の石垣の外柵に彫刻してある名前に
有名人の名前もありました。
[ 2017/04/15 17:36 ] 五心日記(山形) | TB(0) | CM(0)

平常に向かって

こんにちは、鳥取の南口です。

今回は鳥取中部地震の事を書いてみようかと思います。
もう半年ぐらいたちますが、私の住んでいる鳥取市(鳥取東部)でも結構揺れました。
その時は車の運転をしていてグラグラして変だな??と思ったら携帯電話の地震警報が鳴ったのを覚えています。

問い合わせがあったので少したってから中部に行きましたが、お墓や家屋の屋根の被害がありました。
下の画像はお墓の特に被害の大きい地域の写真です。
s-161027_160912.jpg
先日、小さい仕事で中部に行くことがありましたが、未だに屋根にブルーシートのかかっている家もありました。

あれから半年ほど経ちますけど屋根などの修繕も職人の手が足りていないと聞きますし、お墓の方も改修にはまた時間がかかりそうです。

中部の方々の生活が一刻も早い復興を祈っています。


内容が内容だけに踏み込んだことも書けずに終わってしまいましたが、フォトコンの応募も受け付けています。
下記からどうぞよろしくお願いします。

フォトコン応募

登録をめざして


こんにちは 大阪から辻元です。

2年前に
「感動的な親子」というタイトルで
ブログ書いたのですが続編です(^^)

このたび、
地元の英雄 楠木正成公 正行公 親子
まつわる名所や遺された文化等を
『日本遺産』 登録をめざして
文化庁に申請されました。

もちろんその時に紹介致しました
2基の五輪塔

昨年から産経新聞で
「楠木正成考」と題して特集もされています。

登録されてほしいですね-

そして
この五輪塔をみてほしい!
建てた正成公の精神を知ってほしい!
妻 久子さんと嫡男 正行公の事をもっと知ってほしい!
1人でも多くの方に…


少しでも知って頂いた方
自分の中で何かが変わるはずです(*^_^*)


興味のある方は名所探索を♪

ということで
もうすぐ新年度&新学期ですね。
お墓まいりに行って
ご先祖様に
報告 お願いされた時の写真
お待ちしております<(_ _)>


ご応募はこちらから
[ 2017/03/25 10:23 ] かわちのくに日記 | TB(0) | CM(0)

『信じる力』

こんにちは。大阪から北條です。

お彼岸に入りましたね。 お墓参りは、もう行かれましたか。

先週の三浦さんの七福神に続き、今週も石仏のお話しです。
石仏とは、石で彫刻されたお地蔵さまや阿弥陀さまなどで、紀元前からつくられ続けています。

最近の石仏はエアー工具など機械を使い、彫られたものがほとんどが
50年ほど前までの石仏たちは、すべて手加工のノミで造られていました。

時代は逆のぼり飛鳥時代。(西暦600年頃)
奈良県の石位寺の薬師三尊


yakusisannzon

(薬師三尊の写真)日本経済新聞より

1400年経った今でも、ハッとするような美しさでしょ。
また姿彫りと間違えてしまうほどの彫りの深い半肉彫りにも驚きです。

日本の飛鳥時代や中国の北魏時代あたりまでは、
手の印形も決められてなかったので、その作風は遥かに自由で優しいです。
特にとても愛らしい素晴らしさを持つものが、沢山あります。



これは中国北魏時代(西暦400年頃)の如来三尊。

h2.jpg

篭に如来が鎮座し、その下に香を焚き祈る庶民の姿が彫刻されています。

素朴な姿ですが、なんだか、やさしくて愛しいくらいです。
当時の方たちは、とても信仰深かったのが感じられます。



今回一度つくって見たかったので、今回は北魏時代の石仏に挑戦しました。
当時は大理石や砂岩の作品が多かったので、砂岩(香川県産由良石)を選びました。

P2100004のコピー
原石から、手ハツリしていき、
蓮華光背の舟形に、ノミをかけていきます。
PC190010.jpg

h4.jpg

そして背面に竜華樹で瞑想される弥勒さまの浮かし彫り。
参考にしたのは、この写真
h6.jpg


彫刻後の写真
h7.jpg


つくっていると不思議と「信じてたんだぁ。」って
当時のつくってた人たちの姿や、それを慕い信仰していた人の想いが体中に入ってきます。

その想いは今もみなさんに引き継がれ、『信じる力』となっていることと思います。

目に見えないけど、そこにはとても大切な幸せのエッセンスが含まれてると思います

どうか子供たちに、この豊かで大切な文化を遺してあげてくださいね


写真コンテストのご応募は、こちら(*^_^*)

どうぞ奮って、ご応募ください。


この表面の彫刻は、また一月後に(笑)