お墓100年プロジェクト

お墓100年プロジェクト実行委員会によるブログ (お墓参り写真コンテスト フォトコン2017に応募しよう!)

ところ変われば

こんにちは
大阪から辻元です(^-^)/

先日、埼玉県にお墓を建てに行ってきました。
寺院内の墓地で、職員の方々、お墓参りの人達、
皆さんきちんと挨拶して下さるのですが何か違和感が…

ずっと考えていたんですが
それは
挨拶のあとの会話
でした。

普段大阪で仕事していると
「どこのお家のやってるの?」 とか
「今日は兄ちゃん寒いなー」 とか
仕事に支障がでるくらい喋る人もいるんですが
三日間それが一切なかったんです(°_°)

埼玉の方は照れ屋さんなのか
それともたまたまなのか
は、わかりませんが…

ただ
「何か喋りたい!!」
大阪人のDNAを感じた三日間でした(^_^;)


はい、どうでもいい話から始まりました
お墓参りフォトコンテスト 2017
ご応募こちらから
お待ちしております。





スポンサーサイト
[ 2017/02/25 12:18 ] かわちのくに日記 | TB(0) | CM(0)

古墳って


こんにちは 大阪から辻元です(^-^)

今回は興味深い講演がある時にちょくちょく行きます
自宅から数分、我が町の
古墳の博物館 「近つ飛鳥博物館」
に久々に行って参りました。

古墳といえば埴輪ですが
その形には意味があったんです。

例えば
の形の埴輪は被葬者の霊の依り代
あるいはあの世の家そのもの、

ニュースなどで一度は聞いた事のある
三角縁神獣鏡
石棺の外側に何枚も配置されて埋められ
棺=被葬者を守るためであったり、

の形をした埴輪は
被葬者をあの世まで乗せて行く乗物
さらに
円筒型埴輪に船の画を描いたその船上には
サンチーストゥーパ傘蓋
恐らく同じ意味をもつと思われる
“衣笠” というものも描かれています。

いずれの埴輪も亡くなった方への
やさしさが感じられます!!

今のお墓も古墳も故人の冥福を祈るという
基本的な考え方は一緒なんですね(^^)

今回の講演で古墳に対するイメージが
すごく変わりました。

「古墳」じゃなく「誰々のお墓」と思う方が
もっと身近に感じられていいかも!!

ということで帰りに
日本初の女性天皇
推古天皇の陵にお墓参りに行ってきました。

となんだかんだ言っている間にフォトコン2016
締め切りが迫っております!
5/31までです!
ご応募お待ちしております♪

[ 2016/05/29 22:57 ] かわちのくに日記 | TB(0) | CM(0)

それをここで利用する?


こんにちは
大阪から辻元です。

先週の大雨の日、かわちのくににあります
狭山池博物館に行ってきました。

狭山池とは
日本最古のダム式ため池
私が生まれる少し前まではボートレースも
していた大きな池です。

治水、田畑への水の供給を
より良いものにするため
何度も改修工事が行われてきました。

あの大勧進 行基上人 重源上人
もされています。

その重源上人の改修時の
『重源狭山池改修碑』
平成の改修時に出土しました。

なんと改修工事から790年後
池底からされたのです。

その碑文の中には
行基上人の改修工事を修復した
という事を強調し、
摂津 河内 和泉 三国の民の誘引、
そして
「改修に関わったすべての人が
仏と縁を結ぶことができ、
等しく仏菩薩の加護が
あることを祈る」
と刻んであります。

自らの功績を望んだのではなく
行基上人の旧跡を修復し
今生きる人々の利益を願い狭山池を修復した。
重源上人に関する伝承が地元に残らなかったのは
自分の功績ではなく人々のことを第一に考えた
重源上人の考え方かもしれない。
(本: 重源と東大寺より)

まちがいなく790年後地元で感動しましたよ
(#^.^#)


ちなみに碑の石はHさんと商社Nのお三方と
今年の2月に丁場見学させていただいた
和泉砂岩です。

一気に親近感がわきます(*^_^*)

この博物館、驚きが二つありまして
一つ目は入館料無料!!
二つ目は工事に利用されたあるものなんですが
それは来館時のお楽しみにー(^^)

ということで
フォトコン2016
ご応募おまちしております♪


[ 2016/04/24 23:39 ] かわちのくに日記 | TB(0) | CM(0)


熊本地震でお亡くなりになられた方々の
ご冥福を心からお祈り申しあげます。
被災された方々の一日も早く平穏な日常が
戻りますようお祈り申しあげます。

[ 2016/04/24 23:30 ] かわちのくに日記 | TB(0) | CM(0)

相撲の神様


こんにちは
大阪から辻元です。

先日、新聞を読んでいますと
五輪塔の写真が目に飛び込んできました。

その写真の五輪塔
我が国の「相撲の起源」

當麻蹶速VS野見宿禰
(たいまのけはや)VS(のみのすくね)

當麻蹶速さんのお墓でした。

鎌倉時代作で
場所はここ かわちのくに から一山越えた
大和の国 当麻寺の駅の近くです。

この対決(で蹶速さんは亡くなられてます)
が行なわれたのは
垂仁天皇7年7月7日(紀元前22年)

造られたのが鎌倉時代後期
いったい誰が建てたんでしょう??

このお二人のお話が
1200年以上も伝承されて伝承されて

やがて日本国内では五輪塔という仏塔ができ

鎌倉時代に建てられた方(角界の人?地元の人?)は
その仏塔蹶速さんを供養したい!
したくてしたくて仕方なかったんでしょうね(*^_^*)

って勝手な私の妄想ですけど…

そしてその蹶速さんは今回の大阪場所は
どう観られていたんでしょう?

近々行ってみようと思ってます。


ということで

皆さんお彼岸にお墓参りしましたか?

お墓参りの際は写真を撮って

こちらに応募!!

よろしくお願いします♪



[ 2016/03/27 00:00 ] かわちのくに日記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

フォトコン2017

Author:フォトコン2017
お墓100年プロジェクト
FC2ブログへようこそ!

▽ フォトコン2017 ▽
    問い合わせ

photocon☆ohaka100nen.jp

☆印を、@マークに変えてね
(^_-)-☆