お墓100年プロジェクト

お墓100年プロジェクト実行委員会によるブログ (お墓参り写真コンテスト フォトコン2017に応募しよう!)
月別アーカイブ  [ 2013年02月 ] 

九難を乗り越える

大阪は、今日は雨。

きのうはお客様の開眼法要で、晴天でした。

そのお客さまは、「五輪塔というお墓」を造られました。



現在の五輪塔は、背がひょろ高く、玉もまん丸で 笠石などが鋭角に尖っているなどしていますが、


古き鎌倉時代、その当時は今の五輪塔と形が違い、

ただ素朴で
 そして おおらかで なにかゆったりとした形です。

もちろんピカピカに石を磨いたりせずに、ビシャンという手で叩いた仕上げです。


関西で有名なところでは、奈良の西大寺や京都の岩清水八幡の五輪塔などがあります。



 このお客さまは、この「古代型五輪塔」を造られました。


そして、開眼法要が終わったあと、みんなで写真を撮りました。

その中の1枚には、そのお墓に抱きついている写真も(#^.^#)

だんな様のお墓なので、きっと、大切にしてくれると想います。


そして、そのお客様から帰りに 縁起物をいただきました。

  「九つの苦難を乗り越えれるように」いうものでした。

DCIM0160.jpg

お客様ご自身で、手作りされたもでした。

ありがとうございました。

北條 保


スポンサーサイト