お墓100年プロジェクト

お墓100年プロジェクト実行委員会によるブログ (お墓参り写真コンテスト フォトコン2017に応募しよう!)

===清々しかった思い出===


三年ほど前、戒名の追加彫りの依頼で、

お墓の「○○家之墓」と刻まれた仏石の部分を、引き取りに行ったときのことです。


作業を終えて帰ろうとした時、

チャリン チャリン と鐘を鳴らし、小学生の女の子二人づれが、自転車でお墓参り。


  「お母さんは?」って聴くと、

  「私たちだけ~。」と笑顔。



どうも、小さな姉妹だけで お墓参りのご様子。

バケツに水を汲み、自分たちのお墓まで。

  そして、

  「あれっ? 上が無い!」



どうやら、戒名の追加彫りをご依頼された お客様の子供たちの様子。

  「いまから、おじいちゃんの名前を刻むから持って帰るね。」そう言うと

  「まっ、いいやん! 手だけ合しとこっ!」って、小さな二人で合掌していました。

  
  「いつも、二人で来るの?」って聴くと

  「あたりまえやん。」って笑顔の二人でした(*^_^*)


昨日、何年かぶりに その墓地に行きました。

すごく清々しかった思い出です。



スポンサーサイト

震災から2年

みなさま

こんにちわ。大阪から、北條です。

本日は、東日本大震災から2年を迎えました。

この大災害が起き、被災地にも向かい、現地で五感から入ってくる とてつもないもの。

ぼくも この2年で、命の価値観が一新された気がします。

今後も、復旧復興がすすむように、ぼくたちが動きたいと思っています。

被災された方々のお心が、ほんのすこしづつでも 前に向いていけるようにお祈り致します。


DSCN0597.jpg