お墓100年プロジェクト

お墓100年プロジェクト実行委員会によるブログ (お墓参り写真コンテスト フォトコン2017に応募しよう!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お伊勢参り

こんにちは、年末から厳しい寒さが続き
何度となく降り積もった雪も消え
今日はお天気もよくポカポカ暖かい小春日和
皆様如何お過ごしですか

昨日、我が家の恒例行事その2
お伊勢参りにでかけました。
毎年この時期(節分前までに)お伊勢参りに行きます。
お札をお返しし、昨年のお礼とこの一年を無事に過ごせますよう
お願いして新しいお札を頂きます。
62回目の式年遷宮をおえられた伊勢神宮は、
平日にもかかわらずたくさんの参拝客で賑わっていました

伊勢神宮1

鳥居をくぐり、五十鈴川を渡ると
澄み切った、どこか凛とした空気を感じます。
思わず何度も何度も深呼吸をしたくなるほどに
清々しい感じです。
極短な例え方をすると、深呼吸をすることで
自身が浄化されていくような・・・
この感覚は、高野山や出雲大社、他の神社仏閣でも
感じられなかった不思議な感覚です。
普段何かと会話の多い私達夫婦でも
お伊勢参りのときは、橋を渡るくらいから自然と無言になり
普通に歩いているだけなのに、なんとも言えない
充実感に満たされます。


五十鈴川1

伊勢神宮2


歩みを進め石段を上り、正宮にたどりつき
新しくなった正殿に「二拝二拍手一拝」手を合わせます。


内宮1


そうそう!私達がお伊勢参りに行くと
必ず有名人や政財界の方に会うのですが
今年は、フリーアナウンサーの三雲孝江さんご一家と遭遇
三雲孝江さんはテレビで見るよりも、もっと小柄で美人さんでした。
お参りをすませると、実際にしたことないけど
禊をした後ってこんな感じなのでは・・と思えるくらい
心が清められた感じがします。
毎年大勢の参拝客が全国から集まってこられるのもおおいに納得。
神仏に手を合わせる、とてもいい習慣だと思います。

帰りには、伊勢名物のてごね寿司を頂き、更にお約束の
赤福に立ち寄り心もお腹も満たされ眠気と闘いながら帰宅しました。


スポンサーサイト

素晴らしい彫刻

どうも、山形の三浦です。
私はようやく休みボケもなくなり通常営業しだした感じです(遅いですね(^^;)
とはいっても、雪国ですのでそんなに仕事はありませんが

じつは、私事ではありますが1月7日に第2子が誕生しまして、
だいぶ気持ちがそわそわと落ち着かない感じで
年末から今年の出産まで過ごしていました
19日に妻と赤ちゃんが退院しましたので、まずは一安心です

さて、今回は昨年足を運んだところにあった彫刻をご紹介したいと思います。

昨年の4月に宮城県岩沼市の竹駒神社と金蛇水神社に行ってきました。
その際に見た彫刻がすごく良かったのでご紹介です(^^)
有名な神社なので、知っている人はこんな感じだったなと見ていただければと思います。

まずは、竹駒神社です。

DSCN16.jpg

鳥居です。
大正12年に建てられたもののようです。
もちろんこの時代はサンダーなどは無かったと思いますので
昔ながらの石屋の道具を使った手加工です。
当時の職人さんたちの思いをノミ後から感じられますね。

そして、鳥居をくぐり歩いていくと
お稲荷様の眷属である狐が出迎えます。

DSCN1.jpg

表情や子キツネがじゃれる姿などいいですね(^^)
DSCN2.jpg

そして、また少し歩くと、
彫刻ではありませんが
こちらも立派な作りの随神門が見えてきます。
DSCN3.jpg

そこをくぐり抜けると今度は向唐門が見えてきます。
とにかくその造りに圧倒され、感心させられるばかりです。
DSCN5.jpg

よく見るとその両脇にある灯篭がまたすごかった
DSCN10.jpg

4体の彫刻されたもので、灯篭が支えられています。
DSCN9.jpg

彫刻のデザインと彫刻した職人さんの技術もすごいですね。
DSCN8.jpg

DSCN7.jpg

DSCN6.jpg

笠石の裏側まで丁寧な彫刻が施されています。
擬宝珠の部分も作りがすごそうですが、高くてあまり良く見えません。。

あまり良く知らず(商売繁盛をお願いしに)に参拝した竹駒神社でしたが、
素晴らしい石造に出会うことが出来ました。


そして、古来から商売繁盛・金運円満の神として崇拝されてきたということを聞きつけて
さらに商売繁盛をお願いしに金蛇水神社へ向かいました。

あまり神社のはしごは良くないと聞いたこともありますが、
なかなか来れる機会もないので。。。

ここでも驚くような彫刻がありました。
DSCN13.jpg

DSCN14.jpg

私、じつは蛇が大の苦手で
よくは見れなかったんですが
独特な彫刻がされていました。

さまざまなところに出向くのも、
素晴らしいものとの出逢いがあって良いものですね。

意外と近くの神社やお寺さんにも
素晴らしい石造があるかもしれませんね(^^)

ではでは、また~





[ 2014/01/22 10:52 ] 五心日記(山形) | TB(0) | CM(0)

初詣

皆様、あけましておめでとうございます。

鳥取の南口です。
新年一発目と言うことで今回はあっさりで行きたいと思います。
手抜きと言うか、、、ネタの問題ですけどね。

さて、正月と言えば「初詣」ですね。
もちろん私も行きました!!
鳥取でも(鳥取レベルの話で)大勢が参拝するような神社もあるのですが、ここ近年は地元の神社にお参りしてます。

しかし、よくよく勉強したことを思い出すと。。。
ご先祖が氏神になってその土地を護るって話なんで、父の出身の神社に行ったほうが本筋かもしれません。

まぁ、元旦雪が残っていて足元悪かったし、歩いて10分だし。
テクテク歩いて往復20分。
家族の事や仕事の事をしっかりとお願いしました!

しかし、残念なことに誰ともすれ違いませんでした(泣
皆さん大きなとこに行ってるのでしょうか。。。



と、話は少し変わりますが、
昨年末に友達に京都の伏見稲荷大社の絵馬をおみやげにもらいました。
IMG_5061.jpg


とっくに正月に願い事を書いて置きましたが、、、
奉納したくてもまだ行けてません。

それに私、伏見稲荷大社行ったことがないんですよね。
知識としては鳥居が綺麗、稲荷信仰、商売繁盛!と言うことぐらいです。
1.jpg
(ネットでの拾い物)

せっかくなんで予定を立てて行ってみたいと思います!!
でも、春になってからなぁ。。。

庵治ストーンフェア2014決定!

みなさま

明けましておめでとうございます

本年もどうぞ宜しくお願い致します。


ということで、2014年開幕です

今回は大阪から、北條が贈らせていただきます


ところで皆さんは、もうお墓参りに行かれましたか?

ぼくは初詣に行った帰りに、お墓参りに行きました(^_^)


年末にもお正月用のお花を持って、お参りに行ったのですが、

 草むしりをする子供
 お墓に水をかけ掃除する人
 お花を供えてる人々
 走り回って遊んでる子供たち と

たくさんの人達がお正月への準備に備えて、お参りに来られていました


こうしたお参りをする姿は、とても浄(きよ)らかで、

まったく知らない僕にでも、

「ようお参り(よくお参りに来てくれたね。ありがとう。)

口々に元気な声をかけてくれます (*^_^*)


今の日本の現代社会のあり方からと逆に、

それはとっても気持ち善く、なんだかタイムスリップしたような感覚になり、

とても元気をもらいました(笑顔) 



さて、良いお知らせです!

本年も墓石業界の最大の展示会 

香川県の『庵治ストーンフェア2014』

協賛して頂けることに決定
しました

 テーマー   :「匠 イノベーション」
 サブテーマー:〜豊かなる生活空間の創造〜

庵治石振興会のみなさま ご協力有難うございます m(__)m


庵治(あじ)ストーンフェアは、一般来場者数もとても多く、今回で44年目!

今回の応募作品も前年度と同じく、

一般の方々からの投票をしてもらい審査します!


前回、あじストーンフェア2013の様子は、こちら

  ブログ1   ブログ2

今回はどんな応募作品が受賞されるのでしょう!

ステージは着々と準備が出来てきています


 元気いっぱいの作品

 こころ温まる作品

 歴史を感じさせる作品

 人生を感じさせる作品

 成長を感じさせる作品

 こころ染み入る作品など

それらは、すべて奥行きがあり幸せの作品です


みなさまからのご応募 お待ちしております!



2014の応募資料は、こちら!

2013の審査結果は、こちら!

2012の審査結果は、こちら!


プロフィール

フォトコン2017

Author:フォトコン2017
お墓100年プロジェクト
FC2ブログへようこそ!

▽ フォトコン2017 ▽
    問い合わせ

photocon☆ohaka100nen.jp

☆印を、@マークに変えてね
(^_-)-☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。