お墓100年プロジェクト

お墓100年プロジェクト実行委員会によるブログ (お墓参り写真コンテスト フォトコン2017に応募しよう!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

感動的な親子

こんにちは、大阪から辻元です(^^)

まだまだ肌寒かった先月のお彼岸中、
河内国のお寺『観心寺』
O先生とふぉと魂日誌のHさんと
ご一緒に参拝させていただきました。

このお寺は、
国宝の木造如意輪観音
後村上天皇の陵
大楠公(楠木正成公)の首塚

などがある古刹であります。
残念ながら国宝の観音様は観れませんでしたが…

大楠公さんとは
河内国
生まれ、
鎌倉時代後期から南北朝時代に
南朝側の天皇に忠誠を尽くしたことで有名な武将で、
幼少期にこのお寺で仏典を学んだそうです。

その大楠公さん、
出身地千早赤阪村に
見方塚・寄手塚という
二基の五輪塔を建てています。
(見方とは自軍、寄手とは攻めよ寄ってくる軍=敵軍のことです。)

大楠公さんは見方の戦死者はもちろん
敵方の戦死者までも供養したんです。


それだけでもちょっと感動なんですが、
な な な なんと寄手塚の方が大きいんです!!

ということは、つまり敵方の方が篤く供養したんです

敵方の戦死者の方が多かったみたいなんですが
それだけじゃない
武士道?利他行?でしょうか、
それをも超越したものでしょうか
とにかくすごい人です。

ちなみに息子の小楠公さん(楠木正行公)は、
瓜生野の戦いで敗走する多数の敵兵が
橋から落ち酷寒の中溺れるのを助け上げ、
傷の手当てをし衣食を与え京都に返したそうです。
(四條畷神社の説明板より)

この親子カッコ良すぎます(*^_^*)



ということでフォトコン2015

ご応募はこちらまで

よろしくお願いいたします♪
























<
スポンサーサイト
[ 2015/04/26 17:47 ] かわちのくに日記 | TB(0) | CM(0)

ためしてガッテン(前編)

えー、皆様、こんにちは、こんばんは。
突然ですが、「のんのんさん」という言葉を知ってますでしょうか??

これ、幼児語でいう「仏さま」って意味なんです。
で、ちなみにこの言葉私ここ近年まで知りませんでした・・。

知った経緯は、お墓の移転をの仕事をさせてもらった際にお子さん(二歳ぐらい?)連れでお参りに来られていて
「のんのんさんしようね~」と。
聞いたことがない言葉だったので私の脳内変換は、「non.nonさん」とカタカナでした。
聞かぬはなんちゃらと言いますから質問したところ、上記の通り
「子供が使う仏さまって意味なんですよ」と教えてもらいました。

ちなみに私には2歳1ヶ月の息子がいますけど、
嫁実家に行ってお義母さんが仏壇からお供え物を取るときに同じように言ってました。


ここからの、ためしてガッテン!です。

s-IMG_9653.jpg

(本書より抜粋して転載)
お墓参りの価値を伝えたい。そんな想いを込めて、この絵本をつくりました。ここに描か
れているお話は、私の家族が経験していることを題材にしています。ごく普通の家庭で
起こっている、ごく普通のことなのです。ぜひ、お子さんに、この絵本をおもしろく楽しく
お読みきかせしてあげてください。そして、みんなで“しあわせな気持ち”になってください。
ほんとうの“家族のしあわせ”は、こんな普段のなにげない暮らしの中から生まれてくる
のだと思います。


この絵本は頂きものですが、お墓参りの内容について小さい子供向けにも分かりやすい物語として書いてます。
中に例の幼児語の
「のんのんさん」
「まんまんちゃあん」(こっちは関西圏の言葉でしょうか?)
も出てきます。

いいこと書いてあるので画像を写したいと事ですけど、まぁ、著作権でコピーしてはダメと書いてますから省略します。

前置きが長くなりましたけど、この絵本を息子に1歳半ぐらいから読み聞かせてみました。
当時はやっと2語の言えるぐらいでしたけど、だんだんとお墓のイラストを見るたびに

「のんの!」と言うようになりました。

そして、。。、長いので次回に続きます・・。

********************************************
この「ゆらちゃんのおはかまいり」の中身が気になる方は、
お付き合いしている石屋さんで見たい見たいと駄々をこねてみるか、
直接、石文社さんの、ここから買えます。

もう一つのお墓参り

どうも、山形の三浦です。

昨日、一昨日は寒かったのですが、
今日は快晴で気持ちいいです(^^)
東北もだいぶ暖かくなってきて、
農家さんは稲の種まき作業(苗を作る作業)をしている姿を良く目にします。

そして、桜もつぼみが開いてきました♪

sakura0.jpg

私の会社のすぐ近くの桜です。

sakura.jpg

東北は、ようやくお花見シーズン到来ですね。


さて、昨年のお話になりますが、
文芸研究家でお墓マイラーのカジポン・マルコ・残月さんを
酒田にお招きしご講演をしていただきました。

お墓100年プロジェクトのセミナーでお話を聞いた際に感銘を受け、
ぜひこの方のお話を石屋だけではなく、
一般の方にも聞いてもらいたいと思ったのがきっかけでした。

主催は、日本石材産業協会の山形県支部だったのですが、
面識のある私がカジポンさんとやり取りをさせて頂きました。

その際、講演までの時間を使って、
お墓参りや訪れたい場所を巡るということだったので、
私も同行させていただきました。
13時には会場入りできるよう、ルートも事前にご自身で調べられ
4箇所訪れることになりました。

(1)詩人の茨木のり子さん 
(2)羽黒山にある五重塔(東北地方最古の塔。高さ29m。平将門が1100年に建立し、1372年に再建。)
(3)清河八郎記念館(尊皇攘夷派として浪士組を結成。)
(4)佐藤幸徳中将

羽黒山の五重塔と清河八郎さんのことは知っていたのですが、
茨木のり子さんと佐藤幸徳中将のお二方は初めて聞く名前でした。

当日は、朝7時に出発です。
あいにくの雨の中、茨木のり子さんのお墓参りとなりました。
茨木のりこさん1

じつは、カジポンさん6年前(当時)にもお墓参りに訪れているとのこと。
お墓参りは、最低でも3回は訪れないとお墓マイラーとは言えない
とお話されていたことを思い出しました。
訪れるたびにお墓の見え方や感じるものが違ったり
新しい発見もあるということでした。

下の写真は、独特のお墓参りの仕方で
この形が一番亡き人を感じることができるということでした。
ソウルトーク

このとき、私のお墓の捉え方に気づきました。
私は、つい石の種類やお墓の形、施工の仕方などに意識がいってしまっていたこと。
もちろん職業柄悪いことではないのですが(^^;
お墓において、大切なことを教えていただいたように思いました。

カジポンさんは感動した芸術や文学作品の作者、
生き方に感銘を受けた思想家など、古今東西の人生の恩人へ
「ありがとう」の言葉を伝えるため、10代の終わりから
現在に至るまで約30年に亘って墓巡礼を続けており、

チャップリン、ゴッホ、ベートーヴェン、手塚治虫、
シェイクスピアなど感謝を伝えた恩人の数は、

世界98カ国、2000人以上になるそうです。

お墓参りというと、ご先祖様といったイメージがありますが、
カジポンさんのような
ありがとうを伝えにいくお墓参り
もいいですね(^^)
お墓の素晴らしさを
あらためて感じたできごとでした。

さて、お墓参り写真コンテスト絶賛募集中です!!
お墓参りの際はスマホやデジカメなどでパシャリと撮って、
ぜひ、ご応募くださいね(^^)/
詳しい応募内容などは

こちらをクリックhttp://ohaka100nen.jp/


<追伸>
茨木のり子さんと佐藤幸徳中将さんのことも、
カジポンさんのHPに記載されていますので、
詳しく知りたい方は
ぜひ下記をクリックしてご覧ください。

茨木のり子さん
佐藤幸徳中将

羽黒山五重塔
羽黒山
この日は、観光客もほとんどおらず、神聖な空気が漂っていました。






[ 2015/04/12 09:51 ] 五心日記(山形) | TB(0) | CM(0)

選抜高校野球が終わって

先日、甲子園で選抜高校野球が開催され
見事、福井県勢ではじめて敦賀気比が優勝したことは
野球に興味の無い方でも、ニュースで
見たり、聞いたりはしたのでは・・・

敦賀気比、小林繁氏の教え子コンビが約束守った悲願V/センバツ

実は、この優勝した敦賀気比の東哲平監督は
巨人・阪神で活躍したプロ野球選手
故・小林繁さんと少年野球チームの指導者として
つながりがあり

共に
福井に優勝旗を!!
固い絆でかわした約束だったそうです

しかし、小林繁さんは
2010年1月に他界・・・

それから5年
★優勝★

なんと、感動的なお話しでしょうか


それよりなにより!!!!
東哲平監督のコメントに心を打たれましたw(゚o゚*)w

「この瞬間を待ち望んでいた。帰って墓前に報告に行きます」

ここで、再度、思い知らされます。

お墓って
家族の為、だけにあるものではなく
故人を偲ぶ、たくさんの人のために
わざわざ屋外に、鍵もかけず
置いてあるのだな~って

誰か
東哲平監督が
小林繁さんのお墓に
優勝報告するときの写真を
是非、フォトコン2015に応募してください

応募はこちらまで

きっと、暖か~い写真になるのでは
[ 2015/04/04 20:24 ] 秀敏の日記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

フォトコン2017

Author:フォトコン2017
お墓100年プロジェクト
FC2ブログへようこそ!

▽ フォトコン2017 ▽
    問い合わせ

photocon☆ohaka100nen.jp

☆印を、@マークに変えてね
(^_-)-☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。