お墓100年プロジェクト

お墓100年プロジェクト実行委員会によるブログ (お墓参り写真コンテスト フォトコン2017に応募しよう!)

ためしてガッテン(前編)

えー、皆様、こんにちは、こんばんは。
突然ですが、「のんのんさん」という言葉を知ってますでしょうか??

これ、幼児語でいう「仏さま」って意味なんです。
で、ちなみにこの言葉私ここ近年まで知りませんでした・・。

知った経緯は、お墓の移転をの仕事をさせてもらった際にお子さん(二歳ぐらい?)連れでお参りに来られていて
「のんのんさんしようね~」と。
聞いたことがない言葉だったので私の脳内変換は、「non.nonさん」とカタカナでした。
聞かぬはなんちゃらと言いますから質問したところ、上記の通り
「子供が使う仏さまって意味なんですよ」と教えてもらいました。

ちなみに私には2歳1ヶ月の息子がいますけど、
嫁実家に行ってお義母さんが仏壇からお供え物を取るときに同じように言ってました。


ここからの、ためしてガッテン!です。

s-IMG_9653.jpg

(本書より抜粋して転載)
お墓参りの価値を伝えたい。そんな想いを込めて、この絵本をつくりました。ここに描か
れているお話は、私の家族が経験していることを題材にしています。ごく普通の家庭で
起こっている、ごく普通のことなのです。ぜひ、お子さんに、この絵本をおもしろく楽しく
お読みきかせしてあげてください。そして、みんなで“しあわせな気持ち”になってください。
ほんとうの“家族のしあわせ”は、こんな普段のなにげない暮らしの中から生まれてくる
のだと思います。


この絵本は頂きものですが、お墓参りの内容について小さい子供向けにも分かりやすい物語として書いてます。
中に例の幼児語の
「のんのんさん」
「まんまんちゃあん」(こっちは関西圏の言葉でしょうか?)
も出てきます。

いいこと書いてあるので画像を写したいと事ですけど、まぁ、著作権でコピーしてはダメと書いてますから省略します。

前置きが長くなりましたけど、この絵本を息子に1歳半ぐらいから読み聞かせてみました。
当時はやっと2語の言えるぐらいでしたけど、だんだんとお墓のイラストを見るたびに

「のんの!」と言うようになりました。

そして、。。、長いので次回に続きます・・。

********************************************
この「ゆらちゃんのおはかまいり」の中身が気になる方は、
お付き合いしている石屋さんで見たい見たいと駄々をこねてみるか、
直接、石文社さんの、ここから買えます。

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL