お墓100年プロジェクト

お墓100年プロジェクト実行委員会によるブログ (お墓参り写真コンテスト フォトコン2017に応募しよう!)

前厄男

こんにちは、鳥取の南口です。
2016年も!
「お墓は、幸せのシンボル!」
お墓参り写真コンテスト2016
開催します。

「石の上にも3年」と言いますが、、、、
まさかブログ担当を3年目するとは思いませんでした。。
ともあれ、結果発表までお付き合いの方よろしくお願います。

さて、記事ですね。
先日名古屋の熱田神宮に行ったことでも書いてみようかと思います。


熱田神宮:三種の神器の1つである草薙剣(くさなぎのつるぎ)を祀る神社として知られています。


(入口正面の鳥居)

石屋としては鳥居は石かと期待しましたが木でした。
私の地元の鳥取では地区の神社の鳥居工事などもしたりします。
木の鳥居は数十年のスパンで建て替えをするために石鳥居を検討したりしますが、これぐらいの木を用意するのは並大抵ではないですよね。

10人ほどでお参りしてしてましたが、タイトル通り私は前厄、後厄2名で厄払いをしました。

厄年は出典が無い事から迷信ともされているが、それを踏まえた上で厄年の説明なども行われている。 19歳、25歳は青春期に当たり、また33歳、42歳は青春期を過ぎ、中高年期への過渡期に当たる事から、人生のうちでも曲がり角でもあり、男性の場合は社会的にも責任が重くなり、それゆえ精神的・肉体的にも疲労などが多く、女性の場合は子育てあるいは主婦として非常に多忙な時期でもあり、不慮の事故やけが、病気なども起こりやすいとしているが、統計的にはそのような物は存在しない。
(ウィキペディアより引用)

大きな病気こそしてませんが、持病の腰痛をなんとかしてほしいの一心です。
酷い時は座ることも困難なもので・・・。

atuta3.jpg
厄払いの後は本宮参拝して願い事をしました。

今回はただの持病自慢みたいになってしまいましたが、春の彼岸も近づいてきました。
お参りの際にはフォトコンもよろしくお願いします。
カメラでも携帯写真からでもOKです。

応募はこちらから→フォトコン2016詳細
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

フォトコン2017

Author:フォトコン2017
お墓100年プロジェクト
FC2ブログへようこそ!

▽ フォトコン2017 ▽
    問い合わせ

photocon☆ohaka100nen.jp

☆印を、@マークに変えてね
(^_-)-☆