お墓100年プロジェクト

お墓100年プロジェクト実行委員会によるブログ (お墓参り写真コンテスト フォトコン2017に応募しよう!)

『師走(しわす)』という言葉


大阪から、北條です ^^

『師走(しわす)』という言葉。

語源を調べてみると、いろんな説がありました。
中には、

 昔は、正月も盆と同じように祖先の霊をともらう月でした。

 お経をあげるため、お坊さんが あちこちの家々を忙しく走りまわった様子を
 東西を馳せる月と解釈した「師馳す(しはす)」そうです。。

 この説は、平安末期の「色葉字類抄(いろはじるいしょう)」に、
 「しはす」の注として説明されているそうです。



昨日、お墓参りに行ってきました(^^)

昔ながらの古い墓地なので、通路もキチンと整備されていませんが、
辺り一面のお墓は、みんな 仏花が供えられ、
師走も押しせまり、お正月用の仏花へと、花も衣替えされつつありました。

整備された公園墓地では、こういった景色も無くなりつつあります。

昔ながらの不便な墓地。
そういったところに、大切な何かがあることを感じます。

なにか、ホッとした気がして、
この語源の生まれたとされる平安時代も今も、千年以上の年の月日が流れても、
なにも変わってないような気がします。

来年もよろしく お願い致します。

ojizousama

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL