お墓100年プロジェクト

お墓100年プロジェクト実行委員会によるブログ (お墓参り写真コンテスト フォトコン2017に応募しよう!)

☆ 祈りの秋祭り ☆

  お墓参りフォトコンテスト フォトコン2014は こちら


さて今週は、大阪から北條が贈ります =^_^=

さて来週9月14~15日は、となり町 大阪府岸和田市では『岸和田だんじり祭り』。

聞いたことがある方も多いと思います




ハッピにパッチ・腹巻・地下足袋の衣装で、町中を

「そーりゃ!そーりゃ!」と威勢良く引きまわります。


Kishiwada_danjiri.jpg



このお祭りは 江戸中期が発祥で、約260年の歴史があるそうで、

京都の祇園祭りが発祥の原点にあると言われています。


だんじりのやぐらに 氏神さま(先祖さま)を乗せ、

氏子たち(町の人たち)がそれを町中引っ張り、

穀物がたくさん取れるようと、五穀豊穣を祈願した
のが始まりだそうです。




このお祭りで有名なのが、速度に乗った だんじりを方向転換させる「やり回し」や

大屋根の上で、派手に飛び跳ねて踊る大工方。

そして夜になると 提灯をつけた だんじりが、町中を綺麗にねりまわります。

220px-Kishiwada_Danjiri_Festival_at_night_Osaka,JAPAN


220px-Kishiwada-Danjiri-Matsuri_in_the_night_Osaka_Japan.jpg


でも やっぱり、「宮入り」も大切。


宮入というのは、

各町のだんじりが自分たちの神社の氏神さまに参詣して、

『五穀豊穣、子孫繁栄などを祈願する・・・』
という祭礼で、

もっとも重要な儀式
なんです。




お祭りって、楽しくさわいでいるだけのイメージがあるんですが、

実は みんな 氏神さま(ご先祖さま)に感謝と報告をし、

五穀豊穣や疫病退散など ご利益(ごりやく)を お願いしているんです (*^_^*)



お祭りの根底にあるのは、すべて『 祈りの文化 』
なんです 


目に見えないところにこそ、『豊かさ』があって、

それを『信じる』ことによって、『幸せ』へとつながるんだと想います (*^_^*)

そういう文化を、子供たちに遺してあげたいですね



スポンサーサイト
すごっ!
「岸和田のだんじり祭り」一度見てみたいです!
写真からもすごい迫力が感じられます。 お祭りは、古くから年に一度の恒例行事「ワッショイ!ワッショイ!」賑やかに楽しいもの♪
その程度の認識しかありませんでした。 
( お祭り=氏神様=ご先祖 ) この関係も、石屋に嫁いでいなかったら
まったく知る由もなく、こういうことを知れば知るほど奥が深く
とてもありがたく感じられ、お祭りに対する認識も変わりました。
あらためてこの国に生まれたことを誇りに思います。
[ 2013/09/08 11:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL