お墓100年プロジェクト

お墓100年プロジェクト実行委員会によるブログ (お墓参り写真コンテスト フォトコン2017に応募しよう!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自然の猛威と人の力

 皆様こんにちは あっという間に10月に入り
ここちいい季節になりましたね
いかがお過ごしですか

ところで、各地で猛威を振るった台風18号
被害はありませんでしたか

ここ数年、異常気象を実際に肌で感じるようになり
この夏の異常な猛暑や、各地で竜巻や豪雨の被害など
テレビやネットで、何回となく目にしていましたが
いま思えば、『 うゎっ~大変!! 』と、まるで他人事のように
見ていたのだと思います。

実は、この台風18号により弊社も大きな被害を受けました。
会社のある場所から1km程離れた場所の川の堤防が決壊してしまい
広範囲に被害が及びました。
堤防が決壊したのは、早朝5時台だそうで
会社と離れた場所に住んでいる私達は、何も知らず
熟睡していました。
電話で、事の重大さを知るのですが、水の流れが激しく危険ということで
各所通行止めになっており、会社に寄り付くこともできません
一人で車に乗って飛び出して行った主人も、さすがに危機感を覚え帰宅。

CIMG0545+.jpg

CIMG0544+.jpg

雨が止むのを待ち、遠回りをしながら会社敷地内に到着したのは
14時過ぎでした。会社までの道のり、目にした光景は
東北の津波をも思い起こす驚く光景でした。

CIMG0548+.jpg




工場、事務所内を見た私たちは茫然

CIMG0571+.jpg

CIMG0559+.jpg

CIMG0597+.jpg


あの日から今日までの16日間、朝早くから遅くまで
たくさんのご支援・ご協力を頂きながら夢中で復旧作業をしました。
中でも被災直後より、お彼岸直前の忙しい中、滋賀県内の石屋さんが
いろんな道具を携え、たくさん駆けつけていただき復旧のお手伝いを
して頂きました。県内とはいえ、琵琶湖を挟み片道1時間30分以上離れた
場所の石屋さんや、中には3日間も連続でお手伝いにきてくれる石屋さん。
石のプロ集団が工場内の機械を手際よく使いこなし、あっという間に泥をかき出し
洗い流すスピードには圧巻でした。

CIMG0774+.jpg

休憩時間にはみんなで冗談を交え、笑いの絶えない勢いのある皆さんに
私達は本当に救われました。
お手伝いを頂いた最終日、石屋の皆さんにお礼を言い、お見送りした後、
泥が足首まであったドロドロの工場内通路が、ピカピカに綺麗になった光景に
復旧の速さの驚きと、感謝の気持ちで胸がいっぱいになり
主人と二人で泣きそうになりました

CIMG0882+.jpg


人は、身をもって体験し初めて本当の痛みを知るのだと再認識しました。
そして自然の猛威と、それ以上に人間の持つ大きな力と優しさを痛感しました。
再度ここで、ご支援・ご協力を頂いた皆様、心より御礼申し上げます。

復旧に追われ、お彼岸のお墓参りにも行けませんでしたので
主人と一緒に、再スタートの報告に行きたいと思います。

 今回は、ちょっと暗い感じになってしまいましたが
次回は、笑いネタでいきま~す。







スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

フォトコン2017

Author:フォトコン2017
お墓100年プロジェクト
FC2ブログへようこそ!

▽ フォトコン2017 ▽
    問い合わせ

photocon☆ohaka100nen.jp

☆印を、@マークに変えてね
(^_-)-☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。