お墓100年プロジェクト

お墓100年プロジェクト実行委員会によるブログ (お墓参り写真コンテスト フォトコン2017に応募しよう!)

滋賀ツアー(後編)

皆様、こんにちは、こんばんは。
鳥取の南口です。

もったいぶってましたが、後編として書いてみたいと思います。

前回書いた「滋賀石造美術ツアー」は一日で回る企画だったのですが、
私、延泊してまして。。

ズバリ目的地は滋賀県立琵琶湖博物館!!

もうこの辺で、
『他に見るところあるだろ』
とか、
『7月の忙しい時期にいい身分ね!』
など、聞こえてきそうなんですが、。まぁ、行ってみたかった訳です。

250910 1786 (1)


車で向かいながら思ったのですが、琵琶湖に近くなる?つれて田んぼが多くなり用水路などが
目に付くようになります。

そして滋賀県立琵琶湖博物館まで行ってまで見たかったものは、
250910 1786 (3)
ビワコオオナマズ!!

どうでもいいことなんですが、私釣りが趣味でして。
本来、海によく行くんですけど、仕事終わりに近所の川で鯰釣って遊んだりしてました。

鳥取で釣れる鯰は「マナマズ」だけでして最大70~80cmぐらいにまで成長します。
しかし、このビワコオオナマズは最大120cmぐらいになると!
名前の由来とおり琵琶湖又は近隣の水域にしか生息してないらしいです。
そして滋賀県立琵琶湖博物館にビワコオオナマズが展示しているのです。

ワクワクしながらお目当ての水槽の前に行くと、、、
250910 1798 (1)
ね、寝てました!!(泣

とにかくデカイですけど、全く動きません。
鯰は夜行性の生き物なんで規則正しいと言えばそうなんですけど残念な結果に終わりました。



せっかくなんで、二階の地学?コーナーも見に行ってみて、興味を引くものがありまして。
250910 1786 (5)
休憩しようと腰掛けたところにサンプル石が約100個ぐらい展示してました。
滋賀県産の石材は全く知らないので近くにいた係りの方に声をかけ、



私「すいません、これ全部滋賀県の石なんですよね?」

係「そうですよ。」

私「(指差しながら)これって石種なんて言うんですか?」

係「え??・・花崗岩です。。」


と言いながら、資料を出してくれました。
250910 1798 (2)

確かに大きいくくりで言うと花崗岩やら、堆積岩やらチャートなど。
詳しい石種が知りたかったのですが、石の名前なんて地域や石屋が付けた通称なんだなと
妙に納得してお礼を言ってその場を去りました。


こうして滋賀県立琵琶湖博物館の見学は終わったのですが、水槽コーナーの魚の展示も想像していたよりも
多く見ごたえのある内容でした。

興味のある方是非行って見てください!



スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL