お墓100年プロジェクト

お墓100年プロジェクト実行委員会によるブログ (お墓参り写真コンテスト フォトコン2017に応募しよう!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

草鞋を履いたお地蔵さん

 こんにちは 朝夕ぐっと寒くなり
遠くの山や、街路樹が色づき始めました。
皆様いかがお過ごしですか

今回は、少し前ですが東京に住んでいる親友と、京都市西京区にある
「妙徳山 華厳寺 鈴虫寺」へお参りした時のお話をしたいと思います。

親友Mさんとは、東京の同じ職場で出合い、かれこれ10数年長いお付き合いをしています。
彼女は、和製オードリーヘップバーン的な美人さんで、私達の披露宴へ出席してもらった時も
主人の仲間や同級生の男性陣がどよめいておりました
年齢は私よりもだいぶ年下ですが、そんな彼女もそろそろ結婚適齢期
今回の鈴虫寺のお参りは、そんな彼女からのリクエストでした。

鈴虫寺入口2

鈴虫寺は、縁結び・恋愛成就のお寺として有名で、大勢の参拝客が長蛇の列をつくるお寺です。
石段を上って行くと、そのお地蔵さんは穏やかな顔で参拝客を迎えてくれます。
まずは、受付をして広い畳敷きのお部屋へ通され、このお寺の住職よりお参りの仕方を
教えて頂きます。このお部屋には、ガラスケースの中にすごい数の鈴虫が飼育されており
何年も研究を重ねご苦労をされ、現在は一年中鈴虫が生息できるようになったとか
とはいえ、虫の苦手な私にとっては鈴虫の音色よりも、すごい数の鈴虫に終始、鳥肌もので
目の前のガラスケースをできるだけ見ないようにしていました
そんな中、住職より笑いを交えながら20分程お地蔵さんとお参りの仕方の説明があったのですが
そのお話の中で、お願い事は

「自分にふさわしい、身の丈にあったお願いをしてください!!」

想像もつかないような玉の輿に乗れますように!とか、そういう非現実的なお願いではなく・・
というような内容のお話に、二人で顔を見合わせ思わず吹き出しそうになりました
一緒に説明を聞いていた他の皆さんも爆笑

楽しいお話の後、お札を頂きお地蔵さんをお参りするのですが
こちらのお地蔵さんは、参拝された方々のところへお願いを聞きに来てくださるそうで
まずは自分の住所と名前を言い、その後お願い事をします。
遠くから参拝された方々のところへ行くために、このお地蔵さんは
草鞋を履いているのだそうです。草履を履いているお地蔵さんは
とても珍しいそうで、そう言われてみれば・・と
マジマジと見てしまいました。

鈴虫寺地蔵2

久しぶりに会えた親友の幸せを願いながら、ほのぼの楽しい1日を過ごしました

紅葉はこれから見頃を迎えます。
京都へお越しの際は足を延ばしてみてはいかがでしょうか





スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

フォトコン2017

Author:フォトコン2017
お墓100年プロジェクト
FC2ブログへようこそ!

▽ フォトコン2017 ▽
    問い合わせ

photocon☆ohaka100nen.jp

☆印を、@マークに変えてね
(^_-)-☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。