お墓100年プロジェクト

お墓100年プロジェクト実行委員会によるブログ (お墓参り写真コンテスト フォトコン2017に応募しよう!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

不思議なできごと

どうも、山形の三浦です。

鳥取のほうも雪が降るようですが、
山形もご存知のとおり毎年しっかりと雪が降ります(^^)
ですので、雪が降ってくる前までが勝負となります。

今は、天候が落ち着かず晴れ間を見ては
現場に出かける日々が続いています。

そして、なぜか日曜になると晴れるのです。。。
社員さんはお休みするので私が出動です。

このパターンで休みが無いまま先週、先々週が過ぎて行きました(++;
でも貴重な晴れの日ありがたいです。


さて、不思議なできごとなんて書いてしまいましたが、こんなことがありました。

私の住む地方では、国産の石を使ってお墓を建てられる方が、少ないんです。

それは、私の住む地方ではお墓は黒御影石が立派だという認識や風潮があり、
実際、黒御影石で建てられているお墓がほとんどです。
一般的に黒御影石と呼ばれる真っ黒な石は外国産となるため自然とそうなります。

また、国産の石は白系が多いので、勧めても高価なのに白御影石ということで
結局黒いお墓で決まります。
(私が十分に魅力を伝えれてないのかも・・産地の方ごめんなさい

そんな地方ですが、私もお墓100年プロジェクトで勉強するうちに
国産材でもお墓を建てたいなと思うようになりました。

そんな時に、お客様から「国産材でお墓を建てたいのですが」とお話を頂きました。
ほんと何年ぶりかの国産材です。
お勧めする前に依頼されたので、ビックリでした。

チラシで宣伝したわけでも無いのに何でだろと思っていたのですが、
以前に小畠先生のセミナーでお聞きした話を思い出しました。

小畠先生のお話を聞いて、手加工の五輪塔の魅力を知ったある石屋さん。
その後、なぜか今まで一度も建てたことが無かった五輪塔が売れるようになったそうです。
「不思議とこういうことがあるんです」と小畠先生がお話になられていました。

石やさんがお勧めするようになったということはもちろんあると思いますが、
それだけではない何かがあるとお話されていたような。。。(勝手な解釈しているかも)

なので、
今回のお客様は、私が発していた国産材でお墓を建てたいという思いの
見えない周波数を受けとって来店してくれたのではないか(^^)
なんて思いながらお話をしていました。

こういった感じのできごと、皆さんもありますよね

今回は、取り留めの無い感じになってしまいました。。


次回は、鳥海山の雪景色の写真をお届けしますね(^^)/





スポンサーサイト
[ 2013/11/26 18:31 ] 五心日記(山形) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

フォトコン2017

Author:フォトコン2017
お墓100年プロジェクト
FC2ブログへようこそ!

▽ フォトコン2017 ▽
    問い合わせ

photocon☆ohaka100nen.jp

☆印を、@マークに変えてね
(^_-)-☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。