お墓100年プロジェクト

お墓100年プロジェクト実行委員会によるブログ (お墓参り写真コンテスト フォトコン2017に応募しよう!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

現場視察

どうも、山形の三浦です。

今日は、現場視察と言うことで
酒田市の沖合いにある島、飛島(とびしま)に日帰りで行ってきました。
知っている人は少ないかもしれませんが、
結構、旅番組などのテレビなどでも取り上げられたりしている小さな島です。

詳しい情報は下記でご覧になってくださいね。
http://www.city.sakata.lg.jp/ou/shoko/kanko/bussan/3001.html


今回、飛島のお墓を解体して酒田市に新しいお墓を建てるといったご依頼をいただきました。

私自身、飛島は一昨年に青少年事業の付き添いで一度行ったくらいで、
仕事で行くのは初めてな為、お客様に案内されての視察となりました。

天気もよく最高のコンディションではありましたが・・・
乗り物酔いする私にとって行き帰りの道中は、
お客様に心配されるほどの船酔いでダウンです。。
(ほんとは船上での風景写真も撮りたかったのですが余裕なしです)

もちろん、島に着くと気持ちを切り替え、早速現場へと向かいました。
飛島1


お客様から「階段をかなり登った所だよ」と聞いていましたので
覚悟はしていたのですが・・・

これほどとは・・
飛島4
さらに階段は続き・・
飛島3


道具はどうやって運んだらいいのだろう(^^;
など、思いながらお客様に付いてまたさらに登っていくと墓地にようやく着きました。

飛島2
思っていたより、歩く道もきれいな墓地でしたので良かったのですが、
さっきの階段どうしよう・・(^^;

「こんな感じ(酒田からフェリーで着たり、長い階段を登ったり)だから、墓参りが大変で」とお客様。

今では若い人達は島を離れほとんどいなくなり、
島で暮らしている、おじいちゃんやおばあちゃんがお亡くなりになると、
今回のような墓地移転をされるケースが多くなったそうです。

飛島では、お墓の継承について考え、決断しなければいけない
時期に直面する方たちがこれからも増えそうです。

昔から祀ってきたお墓を無くするのも大きな決断ですし、
そして、新しくお墓を建てるのも大きな決断です。
(輸送コストや墓地からの運送作業費がかかる為、大体の方は建てかえされるようです)

今まで、近くにあっても詳しく知らなかった飛島の現状も知る現場視察となりました。

寂しい感じになってしまいましたが、
今回のご依頼主様のお父様はご健在で新しいお墓が建つことを楽しみにされていました。
お元気で昼食まで作っていただき、ご馳走になってきました(^^)


P.S
また、南口さんのブログに影響されてしまったような内容になってしまいました
勘弁してくださいね

さて、もうすぐ3月です。
お彼岸の際には、家族そろってお墓参りをして
今の家族の姿を形に残されてはいかがでしょうか?
今年もお墓参りフォトコン開催いたします!!

詳しくは、画面右にあるリンクの
★2014応募資料は、こちら★
をご確認ください(^^)




スポンサーサイト
[ 2014/02/26 19:10 ] 五心日記(山形) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

フォトコン2017

Author:フォトコン2017
お墓100年プロジェクト
FC2ブログへようこそ!

▽ フォトコン2017 ▽
    問い合わせ

photocon☆ohaka100nen.jp

☆印を、@マークに変えてね
(^_-)-☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。