お墓100年プロジェクト

お墓100年プロジェクト実行委員会によるブログ (お墓参り写真コンテスト フォトコン2017に応募しよう!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フォトコンテスト強化月間2

こんにちは!鳥取の南口です。

皆様お墓参りはしてますか??
今回書く事も思いつかないのでお墓参りの頻度とかの戯言を書いてみようと思います。

若い世代ではお墓に行くのは盆、彼岸ぐらいが大半だと思います。
県外などの遠方に住んでいる方は年に1回の人もいるかもしれません。
(年1でもいいのでお墓参りして欲しいです)

私のお客様でちょくちょく連絡いただく方がいるんですけどね。
(年齢は60代半ばの女性)
はっきりと聞いてませんがおそらく週に2,3回はお墓に行かれてる感じなのです。
何度も行ってるので疑問点が沸いてくるのでしょうね。
「掃除の仕方ってこうでいいの??」
「こういう物ってないのかしら?」
とか、色々聞かれるたびに自分の持っている知識内ですが対応するようしにしてます。。

目的はお墓参りなのですがお墓に興味を持ってもらうのは、大変うれしい事と思います。

違うお客様の話で、もっと年配の女性が墓地の草取りしていたときに
「大変ですね」と声かけたら、
「草取りも供養だから」とニコニコと答えてくれました。

年配の方は「昔の人がやっていた事だからして当然」とかの考えが強いです。
「墓のもり(お世話)は嫁の仕事だから」とか言ったりしますね。
しかし、現代の世代にはこうもいきません。
田舎は共働きが多く、子育てや趣味の時間も少しは欲しいと思います。
私が言うまでもないですが、ライフスタイルが変わってきてるんですよね。
自分も現代っ子の方なんで草が生えにくい墓地仕上げとか提案しますし、その事を特に「手抜き」と思う事もありません。

ようやく本題に近づいてきました、笑
お盆、彼岸のお墓参りもそうですがフォトコンの期限が迫ってきてますよ!


(応募期間)

平成26年3月1日(土)~5月24日(土)まで
 


(各賞と賞金)

 ・大賞(1名)5万円

 ・審査員特別賞(1名)2万円

 ・庵治ストーンフェア賞(旧名称 銀賞)(1名)2万円

 ・奨励賞(3名)記念品

 *賞金または記念品は、審査発表後ご連絡の上、贈らせて頂きます

お墓参りフォトコンテスト2014
少ない時間を見つけて是非お墓参りと一緒にフォトコンの応募も宜しくお願いします!

今回は真面目に書いたので次回はくだけた内容にする、かも?
それではまた!!

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

フォトコン2017

Author:フォトコン2017
お墓100年プロジェクト
FC2ブログへようこそ!

▽ フォトコン2017 ▽
    問い合わせ

photocon☆ohaka100nen.jp

☆印を、@マークに変えてね
(^_-)-☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。