お墓100年プロジェクト

お墓100年プロジェクト実行委員会によるブログ (お墓参り写真コンテスト フォトコン2017に応募しよう!)

建て替え工事

ご無沙汰しております、山形の三浦です

お墓参りフォトコンテストへの多数のご応募ありがとうございました。
ご応募された方は結果が楽しみですね。


さて、最近フォトコンの話題が続いておりましたが、
私からは現在進行中の家の建て替えで、感じたことを載せさせていただきます。

現在私は嫁と2人の子供と4人でアパートに住んでいるのですが、
今後のことを考え実家の両親と一緒に暮らすことにしました。

家の老朽化や、中はネズミが頻繁に出没するなど
環境的に良くない状況もあり
今年の5月から解体し新築することになりました。(ハウスメーカーでお安く

解体

解体2

解体3

(解体するのはあっというまですね)

そのときに、もちろん家財道具などを全部運び出すことになるわけですが、
仏壇と神棚はどうしようとなったわけです

職業柄、精抜き(閉眼供養)などのお払いをしてもらってから移動するというのは分かるのですが、
家の完成予定が6ヵ月後だったので、そのまま完成までしまっておくのもどうかと・・。

結局、仮住まいに運び、また別の日に精入れをしてもらいました。

でも、これって大変だなと。

仏壇と神棚は違うので、和尚様と神主様にお願いをして、今で計四回のお払い。
これから新築に移すときにまた四回

「今は負担が掛からないように、運ぶときに精抜きをして仮住まいでは精入れをせず、
新築に設置したときに精入れをしたりもしますよ」
と、和尚様と神主様が気遣って話してくれましたが

昨年祖父が亡くなり、今年が新盆にもなりますし、
仮住まいでもお祀りしたいと思っていましたのでしっかりとさせていただきました。

精入れをしないままでは、ただ飾りの付いた箱を拝むことになりますしね。

この他にも地鎮祭をしました。
地鎮祭

やはり、家を建てるということは大変ですね。。

工事が進めば上棟式などもあります。
業者の方に聞くと、今は地鎮祭や上棟式を行わない人も増えているそうです。

いろいろと負担は増えますが、
昔からの慣わしを大切におこない
家を建てるということに真摯に向き合っていこうと思っています。

できあがりが楽しみです(^^)





スポンサーサイト
[ 2014/06/12 10:34 ] 五心日記(山形) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL