お墓100年プロジェクト

お墓100年プロジェクト実行委員会によるブログ (お墓参り写真コンテスト フォトコン2017に応募しよう!)

前厄男

こんにちは、鳥取の南口です。
2016年も!
「お墓は、幸せのシンボル!」
お墓参り写真コンテスト2016
開催します。

「石の上にも3年」と言いますが、、、、
まさかブログ担当を3年目するとは思いませんでした。。
ともあれ、結果発表までお付き合いの方よろしくお願います。

さて、記事ですね。
先日名古屋の熱田神宮に行ったことでも書いてみようかと思います。


熱田神宮:三種の神器の1つである草薙剣(くさなぎのつるぎ)を祀る神社として知られています。


(入口正面の鳥居)

石屋としては鳥居は石かと期待しましたが木でした。
私の地元の鳥取では地区の神社の鳥居工事などもしたりします。
木の鳥居は数十年のスパンで建て替えをするために石鳥居を検討したりしますが、これぐらいの木を用意するのは並大抵ではないですよね。

10人ほどでお参りしてしてましたが、タイトル通り私は前厄、後厄2名で厄払いをしました。

厄年は出典が無い事から迷信ともされているが、それを踏まえた上で厄年の説明なども行われている。 19歳、25歳は青春期に当たり、また33歳、42歳は青春期を過ぎ、中高年期への過渡期に当たる事から、人生のうちでも曲がり角でもあり、男性の場合は社会的にも責任が重くなり、それゆえ精神的・肉体的にも疲労などが多く、女性の場合は子育てあるいは主婦として非常に多忙な時期でもあり、不慮の事故やけが、病気なども起こりやすいとしているが、統計的にはそのような物は存在しない。
(ウィキペディアより引用)

大きな病気こそしてませんが、持病の腰痛をなんとかしてほしいの一心です。
酷い時は座ることも困難なもので・・・。

atuta3.jpg
厄払いの後は本宮参拝して願い事をしました。

今回はただの持病自慢みたいになってしまいましたが、春の彼岸も近づいてきました。
お参りの際にはフォトコンもよろしくお願いします。
カメラでも携帯写真からでもOKです。

応募はこちらから→フォトコン2016詳細

ためしてガッテン(後編)

え~と、、、

ガッテン!ガッテン!!

おはようございます。
鳥取の南口です。
前回、本のお墓を見ると「のんのん」と言う所で終わってましたね。
ひっぱるほどではないですが、続きです。

ここまで息子に仕込んでおいて今年の春の彼岸に墓参りに行きました。

150321_140911.jpg
(出演:妻&息子)

少々予想はついてましたが、車から降りて墓地が見えた瞬間に即、、

のんのん!!
と、バカの一つ覚えの様に言ってます。

テクテク歩いて嫁実家のお墓でも、ぎこちない感じで手を合わせてお参りしてました。
150321_134926.jpg

そんな様子を微笑ましく見ていた時に、予想に反する事がありまして。。。
どうやら、拝む対象はどの墓でもいいようです。
道中、他の家のお墓に入っていきます。

まぁ、2歳なら区別もつかないでしょうし、遊びみたいな感覚でもお墓参りでも出来たらそれはそれでOKです。
絵本の読み聞かせしてお墓参りは2度楽しめていいですよ。
ちなみにこの日は家のお墓を覚えさすために2度参りました。。


とまぁ、後半ずばっと流しましたがお知らせです。
フォトコン2015の締切が今週末に迫ってます!(5/24日曜日)

お墓参りの写真撮ったけど迷っている方、
そもそも出そうか迷ってる方、

出してください!

ご応募はこちらまで

ためしてガッテン(前編)

えー、皆様、こんにちは、こんばんは。
突然ですが、「のんのんさん」という言葉を知ってますでしょうか??

これ、幼児語でいう「仏さま」って意味なんです。
で、ちなみにこの言葉私ここ近年まで知りませんでした・・。

知った経緯は、お墓の移転をの仕事をさせてもらった際にお子さん(二歳ぐらい?)連れでお参りに来られていて
「のんのんさんしようね~」と。
聞いたことがない言葉だったので私の脳内変換は、「non.nonさん」とカタカナでした。
聞かぬはなんちゃらと言いますから質問したところ、上記の通り
「子供が使う仏さまって意味なんですよ」と教えてもらいました。

ちなみに私には2歳1ヶ月の息子がいますけど、
嫁実家に行ってお義母さんが仏壇からお供え物を取るときに同じように言ってました。


ここからの、ためしてガッテン!です。

s-IMG_9653.jpg

(本書より抜粋して転載)
お墓参りの価値を伝えたい。そんな想いを込めて、この絵本をつくりました。ここに描か
れているお話は、私の家族が経験していることを題材にしています。ごく普通の家庭で
起こっている、ごく普通のことなのです。ぜひ、お子さんに、この絵本をおもしろく楽しく
お読みきかせしてあげてください。そして、みんなで“しあわせな気持ち”になってください。
ほんとうの“家族のしあわせ”は、こんな普段のなにげない暮らしの中から生まれてくる
のだと思います。


この絵本は頂きものですが、お墓参りの内容について小さい子供向けにも分かりやすい物語として書いてます。
中に例の幼児語の
「のんのんさん」
「まんまんちゃあん」(こっちは関西圏の言葉でしょうか?)
も出てきます。

いいこと書いてあるので画像を写したいと事ですけど、まぁ、著作権でコピーしてはダメと書いてますから省略します。

前置きが長くなりましたけど、この絵本を息子に1歳半ぐらいから読み聞かせてみました。
当時はやっと2語の言えるぐらいでしたけど、だんだんとお墓のイラストを見るたびに

「のんの!」と言うようになりました。

そして、。。、長いので次回に続きます・・。

********************************************
この「ゆらちゃんのおはかまいり」の中身が気になる方は、
お付き合いしている石屋さんで見たい見たいと駄々をこねてみるか、
直接、石文社さんの、ここから買えます。

お彼岸にて

皆様こんばんは、鳥取の南口(ナンコウ)です。
覚えてますでしょうか??最後の庵治ストーンフェアでの記事で書いていた事を。。。


「卒業します!」と。

えっと、、留年で今年も続行です!
「ユー、今年もブログ書いちゃいなよ」と言われた時は、

「本当、勘弁してください」(文才がないので)と思いましたが、
これも何かの縁ですし、微力ながら書いていきますのでよろしくお願いします!!


さて、お彼岸の真っ最中ですがお墓参りしてますか!?
この土日で参られている方も多いと思います。
私も今日の午前中に我が家と、嫁さんの実家のお墓参りに行ってきました。

天気も良く絶好のお墓参り日和です。
まだの方は行ってください、清々しい気持ちになれますよ。

そして、その際には携帯、もしくはカメラ持参でお願います。
ということで、告知から行きます!

270321
3/1から始まっております、フォトコン2015絶賛受付中です。

詳しくは以下のご確認ください。

フォトコン2015への問合せ・応募

応募お待ちしております。
初めで「応募してみたいけどどうしようかなぁ。。」と思ってる方には、

「ユー、応募しちゃいなよ!」
と、言いたい。
軽いタッチで申し訳ないんですが、悩むぐらいならしてみてください。
私も試しに今日のお墓参りの写真を撮ってみたところ、いつもとはまた違う角度で見えて面白かったです。
注意事項としては夢中になりすぎてお参りが疎かにならないように!




と、これぐらいで今回は終わろうと思いましたが、今回はお彼岸ボリュームアップということで旬な話をもう一つ書いてみます。
先週、太平洋戦争中、フィリピン中部シブヤン海で米軍に撃沈された旧日本軍の戦艦「武蔵」が発見されたと言うニュースが出てましたよね。

2703211
その時の艦長の猪口敏平氏のお墓が鳥取市賀露町の東善寺にあります。

本堂の向かって左のちょっと入りますけど、すぐにあるので分かるとかと。
2703212
発見のニュースから地元の新聞にも掲載されたものあって色々な方がお参りされている様です。

攻撃を受け帰還途中に総員退艦を命じて自分は武蔵と運命を共にした猪口艦長。
現代人の私には想像でするしかありませんけど、自分なりの気持ちで今回お参りさせてもらいました。
興味のある方は是非行ってみてください。


フォトコン2014展示場にて!

こんにちは、鳥取の南口です。
とうとうこの日が来ました。

私がこのブログを卒業する日です。。。
いえ、、フォトコン2014の展示&投票の日です!!
という事で、実際に作品展示の簡単なレポートなどを書いてみようと思います。

初日の6/14の朝から車で向かいます。
まず、香川県に入ってすることは、、、

お墓参りでしょう!

私的な話ですけど、香川の綾歌郡に祖父祖母のお墓があります。
鳥取からは遠いのでこういう目的と合わせてお墓参りをします。

お墓に手をあわて幼少時代の楽しかった思い出にふけながら、
「じいちゃん、ばあちゃん、孫も40手前になりましたよ。。」
えっと、どうでもいい話ですね。
何が言いたかったというと、遠方でも何かのついででも来てくれたらご先祖様もうれしいと思うんですよ。


毎度の事ながら前置きが長くなりましたが、会場の庵治ストーンフェア(サンメッセ香川)にイン!

s-20141.jpg

会場に入ってすぐに展示スペースがあります。
s-20142.jpg
投票場には見た顔の方もお手伝いされてますね、笑

今回の応募数は132点と前回の数を大きく上回って左右に展示してあり、内容も
お孫さんだったり、
ご家族だったり、
プロみたいな綺麗なもあり
皆様の思いがそれそれにあります。

私も投票させていただきましたが、作品やコメントなどを見ているとどれも力作なので非常に迷いました。

s-20143.jpg
一般応募の方々も真剣な眼差しで作品を見てましたよ。

審査発表は6月28日(火)となっております。
グランプリはどの作品になるのでしょうか??

とはいえ、以下は私の個人的な意見ですが、
グランプリや入賞もいいのですが、それより皆様がお墓参りのコンテストを通じてお家族で「この写真がいいかな?」とか話し合ったり、ご先祖様やお墓を身近に感じる方が有意義な気がします。
そして、そんな写真を各家庭のアルバムに収めてもらえるなら石材店をしてる身としては喜ばしい限りです。

最後に今回応募された方々、会場で一般投票された方、協賛、ありがとうございました!
フォトコン2015(仮)の時にまたよろしくお願いします。