お墓100年プロジェクト

お墓100年プロジェクト実行委員会によるブログ (お墓参り写真コンテスト フォトコン2017に応募しよう!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雪とか灯篭とか

こんにちは、鳥取の南口(ナンコウ)です。
GWも終わりましたね、皆様いかがお過ごしでしょうか??

余談ですが、連休に入る前に他県の石屋さんから電話を頂きまして・・・
「仕事とは全く関係のないことなんですが・・・連休に鳥取に行くんで良い観光場所ないですか??」

砂丘以外で!(砂丘は行く予定なんで)」

なかなか返答に困りました。
いいご飯やさん、飲み屋とか聞かれるなら簡単ですが、観光って難しいです。砂丘も封じられてる訳ですし。
あれこれ相談してるうちに「鳥取城跡に上って鳥取市内を一望してみては??」などと、地元の学生ぐらいしかしない様な事を提案していました。

結論:住んでると地元のおすすめがよく分からない。

****************************
余談はここまでとして。
今年の出来事として鳥取の大雪。

時期がずれすぎて書くのもやめようかと思いましたが、せっかくなんで。
西日本の人なら知ってますが鳥取(山陰地方)は雪国です。
ちなみに昨年は雪が降らなくて自分たちの様な外仕事の人間は喜んでましたが、スキー場などは大変だったみたいです。
てか、すごい商売ですよね?スキー場。基本、気候任せのなんですから。(昨年は大赤字だったみたいです)

話を戻して今年のは33年ぶり?の大雪だったみたいです。
論より証拠ということで、ビフォー、アフター、ドン!

(ビフォー)
s-IMG_2781.jpg

(アフター)
s-IMG_2782.jpg


・・・思ったよりも分かり辛い・・・・。
まぁ、一晩で90cmぐらい積もったんで交通機関は麻痺ですね。
こういうことなんで私は外出する仕事はしませんでしたが、大雪の前に完了した現場を見に行くのすら3~4日後になりました。
幹線道路からの道も通行止めとかありましたしね。

雪はほっとけけばいつかは溶けるのでびっくりする程の被害はありませんが、お墓の被害も意外にあります。
灯篭の傘部分が雪の重みで落ちることがあるんです。

大体問い合わせは春の彼岸頃に掃除に行ってみたら倒れていたみたいな感じです。
角灯篭、丸灯篭などの傘、もしくは火袋から上です。

雪ぐらいの重さで倒れるのかよ。と思われるかもしれませんが、ちょこちょここの手の話はあるんです。

一方、これは雪国特融かもしれせんが棒状の灯篭というのもあります。
棒型なので構造上雪などには強い点があります。(適当な画像がなかったので知りたい人は検索してみてください)
この辺は実用、美観、価格などその時々で話をさせて頂いてます。

お墓も灯篭も極端な話をすれば地震でも雪でも倒れないを追求すれば、ものすごく低くフラットな形状になるんですが・・・
そこだけ突き詰めるのも本筋から離れていく気がします。

だらだら書きましたが、フォトコン2017も5月末までとなっております。
出してみようかと思われている方はお早めに!!

応募はこちらから

ブレイクの兆し?

こんにちは 大阪から辻元です。

先日、近所の共同墓地で久しぶりに見る
おばさんがお墓参りに。

亡くなられた旦那さんとの会話を楽しんでおられるご様子。
すごーく長い間お参りされてました。

帰りがけに
絵本 「ゆらちゃんのおはかまいり」
フォトコン写真集 「お墓は幸せのシンボル」
をプレゼントしました。

それから30分後くらいでしょうか
一本の電話が…
「○○ですけど、
さっきもらった本読んで感動して
電話させてもらいました。
宝物にします!!」

とこっちがそのお電話に感動(*^_^*)

そしてそして数日後、
私の母親が知人のおばさんに
「えらいいい本あるみたいやね」
と声をかけられたんです。

お墓で久しぶりに会ったおばさんルートなのか
はたまた全然ちがうルートなのか

うちの近辺でこの2冊の本
ブレイクの兆し???
だったらいいんですが(^^)

この絵本と写真集気になった方は
最寄りのお墓100年プロジェクト加盟店
または石文社まで
ぜひ


フォトコンご応募締め切りまで
ちょうど1ヵ月です。

ご応募はこちらから
お待ちしております。
[ 2017/05/01 10:03 ] かわちのくに日記 | TB(0) | CM(0)

「信じる力2」

おはようございます。 大阪の北條です。

春になり、一気に新緑の香りがしてきましたね。
先日 お客さまと一緒に、奈良の室生寺に、行ってきました。

このお寺は奈良時代の終わりに草創され、素晴らしい仏像たちがおられる地で
なんども行っても、魅せられます。

今回お客さまと一緒に見てきたのが、
この五輪塔(重要文化財)
mu-100

7百年以上も経っているのですが、このオーラのような空気感と『存在感』。
この美しさにはいつも魅入られます。
お客さまも実際のものを目にし、心を揺さぶられているようでした。


国宝の金堂は、ゆったりとした時間の中に存在するかのようです。
mu-110

また天から舞い下りてきたかのような五重塔(国宝)。
mu-120

甘み処のよもぎの回転焼きも食べ、心身ともに深い呼吸が出来、とても善い時間でした。


それでは前回に引きつづき、北魏時代(西暦400年頃~)の石仏彫刻のお話しです。

今回は、正面の彫刻に挑戦です。
つくるのに参考にしたのが、
北魏石造仏教美術展や北魏の石仏の本・当時の石仏写真です。
mu140 mu-150 mu-160 mu-170

前回のお話のとおり当時の石仏は、印の形などにこだわらず、
自由で優しいのが特徴です。
素朴で愛らしさがあり、大らかで、とても庶民の信仰が深かったのが感じられます。

まずカーテン部が上部にあり、篭の中には如来さまのお姿。
この蓮華文様は、北周時代(西暦550年頃)のものでつくりました。
hoku-1

最下部には香を焚き、祈りをあげる庶民の姿。

hoku-003


この時代の石仏のお顔立ちは、素朴であったかい表情が多いんです。

手間暇をかけて手彫りすると、ゆったりとした線しか出ませんが、

『必ず宿るもの』があります。

機械を使えば、効率よく速くシャープな線の仕事が出来ますが、

『必ず失うもの』があります。

手間をかけることって、人を思いやる気持ちだと想うんです。

当時の方々は、宿すことを前提につくっていたんじゃないでしょうか。


hoku-04 hoku-05

信仰って、人のこころの奥深いところにあって、
あったかかったり、悲しかったり、ちょっと恥かしかったり、
ぼんやりとしていてハッキリと見えないけど、「素朴で大切な宝物」だと思うんです。

中には「無宗教だから、信じない。信仰心なんて無い」って、言われる方もおられますが、
みんな心の中で、自分なりのたとえば神や仏のようなものが居るように想います。
それもきっと、自分なりの宗教や信仰だと思います。

今回もつくってて想うんです。
石造仏をつくることは、もちろん死者や施主さまのためなんですが、
それ以上に
この世界の幸せを本気で祈ってつくっていたんじゃないかって。

そんな大きな想いが込められているように感じます。

hoku-06
       (正面の彫刻の完成写真)

hoku-012
       (裏面の彫刻の完成写真)



写真コンテストのご応募は、こちら(*^_^*))


どうぞ奮って、ご応募ください。


どうも、山形の三浦です。

山形もようやく、ちらほらと桜が咲き始め
春を感じる今日この頃です。

満開まではもう少しかかりそうですが、
ここのお寺さんの桜はほぼ満開でした(^^)
sakura_20170415093354d36.jpg

さて、今回は2月に東京に行った際に
立ち寄った帝釈天です。
寅さんの映画で映っていた帝釈天。
帝釈天

田舎者の私は、まだ行ったことがなかったので
初めて実物を見れて感激でした。

帝釈天2

さらに、私は知らなかったのですが、
帝釈天のお堂の回りにある
法華経説話彫刻が素晴らしかった。

帝釈天4
帝釈天3

細かな彫刻はもちろん、一つ一つが丁寧に彫刻されているのを感じ、
しばらく立ち止まって眺めてしまいました。

帝釈天5

帝釈天6

多宝塔が彫刻されているものもありました。

帝釈天7


テレビの画面で見てたものを実際に見る感動。
新しい発見やそこの雰囲気やにおいなどを直に感じることで、
山形の冬で冬眠してしまっていた脳が
目覚めるのを感じました(^^)


さて、お墓参り写真コンテストの募集絶賛受付中です!!

詳細はこちらから↓

フォトコン応募

おまけ。
帝釈天8
帝釈天の石垣の外柵に彫刻してある名前に
有名人の名前もありました。
[ 2017/04/15 17:36 ] 五心日記(山形) | TB(0) | CM(0)

平常に向かって

こんにちは、鳥取の南口です。

今回は鳥取中部地震の事を書いてみようかと思います。
もう半年ぐらいたちますが、私の住んでいる鳥取市(鳥取東部)でも結構揺れました。
その時は車の運転をしていてグラグラして変だな??と思ったら携帯電話の地震警報が鳴ったのを覚えています。

問い合わせがあったので少したってから中部に行きましたが、お墓や家屋の屋根の被害がありました。
下の画像はお墓の特に被害の大きい地域の写真です。
s-161027_160912.jpg
先日、小さい仕事で中部に行くことがありましたが、未だに屋根にブルーシートのかかっている家もありました。

あれから半年ほど経ちますけど屋根などの修繕も職人の手が足りていないと聞きますし、お墓の方も改修にはまた時間がかかりそうです。

中部の方々の生活が一刻も早い復興を祈っています。


内容が内容だけに踏み込んだことも書けずに終わってしまいましたが、フォトコンの応募も受け付けています。
下記からどうぞよろしくお願いします。

フォトコン応募
プロフィール

フォトコン2017

Author:フォトコン2017
お墓100年プロジェクト
FC2ブログへようこそ!

▽ フォトコン2017 ▽
    問い合わせ

photocon☆ohaka100nen.jp

☆印を、@マークに変えてね
(^_-)-☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。